バレーボール | 田主丸整骨院 整体院むち打ち症腰痛肩こり骨盤矯正 久留米市田主丸町

バレーボール

バレーボールでは、サーブ・レシーブ・パス・スパイクなどの全身動作から怪我が起きやすいです。手指や膝、腰に関連した怪我が多くあります。最も多い怪我は、ジャンパー膝でシンスプリントや突き指も有名です。

当院では、バレーボール選手のパフォーマンスアップのための施術をしています。

怪我やパフォーマンスアップなどでお悩みでしたら、ご相談ください。

バレーボールの怪我の原因

  • 【原因】
  • ・成長期
  • ・水分不足
  • ・休養不足
  • ・不適切なフォーム
  • ・筋肉の柔軟性の低下
  • ・準備運動と整理運動不足
  • ・オーバーユース(使い過ぎ)

様々な原因がありますが、練習の過多は怪我になりやすいので、気を付けましょう。

バレーボールの怪我と処置法

6つの怪我と処置の方法について、お話していきます。

【ジャンパー膝】

・ジャンプと着地の衝撃で膝が炎症する

・成長期のオーバーユースが原因となりやすい

・ジャンパー膝は、バレーボール選手が最もなりやすい

 

(処置法)

・練習を休み安静にする

  • 【突き指】
  • ・手関節が腫れ、痛みが生じる
  • ・オーバーやスパイクのブロックの場面で起こしやすい
  • ・重症化すると脱臼や剥離骨折で、関節が変形することがある
  •  
  • (処置法)
  • ・まずは、冷やして安静にする
  • ・以前は、受傷後に指を引っ張ることを推奨していたが、誤りである

【足首捻挫】

・ジャンプの着地で外側に捻ることがある

・ネット上で相手選手との接触で、捻挫をすることもある(スパイク・ブロック)

 

(処置法)

・繰り返し発症しやすい

・患部を冷やして安静にし、下肢を挙上する

・完治をしないまま練習再開をすると、悪化しやすい

  • 【肩関節障害】
  • ・スパイク時の肩の痛みである
  • ・不適切なフォームやオーバーユースが原因である
  •  
  • (処置法)
  • ・痛みがあるときは冷やし、肩を休ませる
  • ・フォームが原因の場合は、見直す必要あり
  • ・スパイクの練習過多にならないよう気を付ける

【腰痛】

・椎間板ヘルニアや腰椎分離症を発症することもある

・腰への負荷がかかるスポーツなので、腰痛を安易にと捉えない

・空中での上体を反らすことや中腰の姿勢が多いため、腰痛が起きやすい

 

(処置法)

・腰痛がある場合は、練習を休み安静にする

  • 【シンスプリント】
  • ・すねの部分の炎症により、痛みや腫れが起きる
  • ・下腿の柔軟性不足やオーバーユースが原因となりやすい
  •  
  • (処置法)
  • ・患部を冷やし安静にする

怪我は早期にケアをすると、回復も早いです。早期にケアをすると、バレーボールの再開も早くなります。

バレーボールの怪我の治療を当院で行いませんか?

バレーボール

当院では、バレーボールでの様々な怪我の改善をしています。

繰り返す足首の捻挫に悩んでいた中学生が、改善され大会に出場できました。

再発を予防するためのメンテナンスも受けています。

当院の施術を体感して頂きたいです。みなさまのご来院、お待ちしております。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 0943-72-3677