野球肘 | 田主丸整骨院 整体院むち打ち症腰痛肩こり骨盤矯正 久留米市田主丸町

野球の怪我・野球肘を練習しながら治療で短期改善 | 久留米スポーツ整骨院

野球肘

当院では、肘の痛みで悩む子供から大人までの野球プレイヤーの改善をしています。お困りでしたら、ご相談ください。

野球肘とは

投球過多や不適切な練習により起こる肘関節の障害や損傷を、野球肘と言います。

  • 野球肘は、一生に関わることもあるので、知識をつけて早期に対処をしましょう。

野球肘の特徴

・急に肘を動かせない

・痛みが生じない練習は可能

・手先がしびれる場合がある

・投球動作時や投球後の肘の痛み

・肘の曲げ伸ばしの可動域制限がある

・バッティングで痛みを感じることは少ない

・肘関節の外側・内側どちらも損傷が起きる

・肘関節の骨以上までに影響を及ぼすことがある

・成人も発症するが、成長期の10~16歳の投手に発症しやすい

早期の対処が改善へと導きます。

野球肘の原因

投球時に、前腕や肘関節の力みが生じると、肘への負荷から骨や靱帯、腱が損傷します。

  • 【原因】
  • ・成長期
  • ・投球数の多さ
  • ・速い球の投球
  • ・肘下がりや手投げ
  • ・筋肉や関節の硬さや弱さ
  • ・体の左右差や姿勢の異常

投球数が増えると肘への負荷が大きくなり、1回の負荷が多いと故障もしやすいです。注意点として、野球をしているすべての方が、野球肘になるわけではありません。

野球肘の一般的な対処法

【一般的な対処法】

・肘の安静

・痛み止めの内服

・肘の部分を冷やす

・サポーターの装着

・野球活動を一時休止する

これらは、一時的な痛みの軽減や緩和になります。しかし、一時的な対処療法のため、改善には至りません。

炎症を抑えて痛みを改善します

野球選手は、少しでも早く痛みの緩和を望みます。当院の治療法では、痛みの緩和を最優先にしていから野球肘の痛みを根本的に改善します。

  • 超音波と電気のコンビネーション治療で炎症をひかせて、痛みを緩和します

当院で治療を受けたあとから、適度に練習に参加することも可能です。まずは、肘の炎症を抑えて、痛みの軽減をさせましょう。

メンテナンスをしよう!

野球の怪我・野球肘を練習しながら治療で短期改善 | 久留米スポーツ整骨院

野球肘は、治っても再発する可能性が高いので、メンテナンスをしましょう。再発の予防に、次のことがあげられます。

・投球制限

・必要時冷やす

・投球フォームの改善

・投球以外は肘の安静

・原因となる動作の把握

・必要時筋力トレーニング

・肘関節のストレッチをする

野球肘の再発予防には、日頃からケアをすることも大切です。当院では、メンテナンス治療で肘のケアも行っています。

野球肘の治療は当院で行いましょう!

野球の怪我・野球肘を練習しながら治療で短期改善 | 久留米スポーツ整骨院

野球肘は、コンビネーション治療で痛みを改善できます。当院では、野球肘で悩む患者様を改善してきた実績があります。

  • 野球を続けたい意向のある方々のために治療を行っています
  • 野球肘の治療だけでなく、改善後の再発予防にも力を注いでいます

当院では、患者様の改善のために、全力でサポートしております。一度、当院の治療を体感して頂きたいです。みなさまのご来院、お待ちしております。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 0943-72-3677