膝の痛み | 田主丸整骨院 むち打ち症腰痛肩こり骨盤矯正 久留米市田主丸町

立つ、座る、歩く、走る動作に司るのが膝です。膝の痛みがあると苦痛だけではなく、生活様式を変える必要もあります。

当院では、膝の痛みで悩んでいる方の改善とサポートをしています。

膝の痛みでお困りでしたら、当院へご相談ください。

膝の痛みとは

  • 【症状】
  • ・正座ができない
  • ・階段の昇降がつらい
  • ・あぐらをかきづらい
  • ・痛みでボールが蹴れない
  • ・動作の動き出し(歩き始めなど)が痛い

膝を曲げると痛みが生じることから、和式のトイレや布団、畳に座ることなどに支障がきやすいです。生活様式では、次のような変化がみられます。

・ベッドで臥床

・洋式トイレの使用

・段差や階段で手すりの使用

・風呂場でシャワー椅子の使用

・椅子やソファ、テーブルでの生活

膝の痛みが長期化する場合は、生活様式も検討する必要があります。自宅のリフォームや家具の購入なども視野に入れる方もみられます。

膝の痛みの原因

膝へ負荷が生じ、痛みが生じやすいのはスポーツです。ジャンプやダッシュ、蹴るなどのスポーツは、膝に負荷がかかりやすいです。その他に、膝の痛みの原因について、4つ紹介します。

  • 【筋力の低下】
  • ・太ももの筋肉とお尻の筋肉は、膝をサポートしている
  • ・太ももとお尻の筋力が低下すると、膝に負荷がかかり痛みの原因となる

【関節の柔軟性の低下】

・運動不足により膝関節が硬くなる

・膝関節が硬くなることで膝の屈伸時に痛みが生じる

  • 【体重増加】
  • ・栄養バランスの偏った食事や食べ過ぎは肥満になりやすい
  • ・体重の増加は、膝への負荷から痛みが生じやすい

【姿勢の悪さ】

・姿勢が悪いと身体の歪みから、膝への負荷が生じる

原因に対する対処をすると、膝の痛みが改善しやすくなります。

膝の痛みの予防法

痛みの原因に合わせた予防法が大切です。誤った予防法は、膝の痛みを悪化させてしまいます。

  • 【肥満】
  • ・体重を減らしましょう
  • ・栄養バランスの考えた食事を摂取する
  • ・運動は、膝に負荷のかからないスイミングや自転車、ヨガ、体操などをする
  •  
  • 【スポーツなどの使い過ぎ】
  • ・膝を冷やし炎症を抑える
  • ・準備運動と整理運動をし、疲労の蓄積を予防する
  • ・可能ならば、就寝前にもストレッチを行い、血行を促す
  •  
  • 【関節の柔軟性の低下】
  • ・ストレッチを行い、関節の柔軟性を高める
  • ・入浴後にストレッチを行うと、関節の可動域が広がりやすい

痛みの予防として参考にしましょう。効果がみられないときは、継続することを避けてください。

膝の痛みは当院で治療しましょう!

当院では、様々な膝の痛みで悩む患者様のサポートをしています。

膝の痛みから階段の昇降がきつかった患者様が、改善され手すりの使用がなくなりました。

再発予防のため、メンテナンスの施術も受けています。

当院の施術を体感し、膝の痛みから開放されませんか?みなさまのご来院、お待ちしております。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 0943-72-3677