陸上・マラソン | 田主丸整骨院 むち打ち症腰痛肩こり骨盤矯正 久留米市田主丸町

陸上・マラソンでの怪我

当院では、陸上・マラソン選手の方々のパフォーマンスがアップできるよう施術をしています。

ランナーは「膝、ふくらはぎ、足首、足の裏」が怪我をしやすいです。当院では、ランナーに関連する怪我の治療から、メンテナンスを行っています。

怪我やパフォーマンスなどでお困りでしたら、当院へご相談ください。

陸上・マラソンの怪我の原因とは

腰から足にかけての下半身に負荷がかかると、怪我が起こしやすくなります。ランナーの怪我の原因は、次のことが挙げられます。

  • ・間違ったシューズ選び
  • ・不適切なフォームで走る
  • ・練習前の準備運動の不足
  • ・オーバーユース(使い過ぎ)
  • ・同じ練習メニューを繰り返すことがある
  • ・アスファルトのような硬い地面でのトレーニング
  • ・アフターケア不足(睡眠・食事・ストレッチ・アイシング)

練習の環境面から、準備運動、練習内容、アフターケアなど、様々な要因が重なり怪我が生じます。日々、これらのことを気を付けて、怪我の予防に努めましょう。

どんな怪我がしやすいの?

脚に関連した怪我が多く、5つ紹介していきます。

【肉離れ】

・ふくらはぎや太ももに発症しやすい

・スポーツで強い力がかかることで、部分的もしくは完全に断裂する

・原因は、急なジャンプ、ストップ、ダッシュ、疲労の蓄積、ウォ―ミングアップ不足など

 

【捻挫】

・外力がかかり、通常の関節可動範囲以上の動きをしたときに起こる損傷

・陸上やマラソンでは、足首の捻挫が多くみられる

 

【シンスプリント】

・すねの下方1/3に痛みが発症する

・鈍い痛みのため、我慢をして練習を続けてしまうことがある

・マラソン選手や陸上競技選手に多くみられるが、球技でもみられる

 

【ランナー膝】

・主な原因は過度のランニング

・太ももの外側にある靱帯に炎症が起きている

・O脚や不適切なフォームも原因となりやすい

 

【足底筋(腱)膜炎】

・偏平足やすり減った靴を履いていると発症しやすい

・足の裏に広範囲にある、足底筋膜に炎症が起きている状態

怪我を予防するために

未然に怪我を予防するには、日々のケアが大切です。

  • ・適切なシューズ選び
  • ・練習前後のストレッチ
  • ・ランニングフォームの見直し
  • ・入浴後や就寝前にマッサージやストレッチをする
  • ・日頃からカルシウムや塩分を摂取すると、足がつることを予防できる

これらを実施すると、怪我の予防につながりやすいです。予防策なので、保証は確定できません。

当院にお任せください!

当院では、子供から大人までの陸上やマラソン選手のサポートを全力で行っています。

怪我の治療からメンテナンス、コンディション調整など、当院へお任せください

少しでもパフォーマンスアップができるよう、支えています

  • マラソン大会では、自己ベストを更新した患者様がいます
  • 100m走では、地区大会で優勝した方もいます

当院の施術を体感してみませんか?みなさまのご来院、お待ちしております。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 0943-72-3677