テニス肘 | 田主丸整骨院 むち打ち症腰痛肩こり骨盤矯正 久留米市田主丸町

テニス肘

テニス肘とは、肘関節の外側の筋肉が使い過ぎ、炎症が起きて痛みが生じます。テニスのバックハンドストロークで肘を痛めることから名付けられました。テニス競技以外に、その他の競技や作業などでも生じやすいです。

当院では、テニス競技に励む全世代から、テニス肘に悩む様々な患者様の改善やパフォーマンスアップを行っています。

テニス肘の治療からメンテナンスをしていますので、お困りでしたら当院へご相談ください。

テニス肘の原因

「指をのばす・手首を上に返す動作」の使い過ぎが発症しやすく、3つの筋肉が関与しています。

  • ・短橈側手根伸筋
  • ・長橈側手根伸筋
  • ・総指伸筋

次のような競技や動作も発症しやすいです。

・剣道

・卓球

・ゴルフ

・バドミントン

・ギターの演奏

・不自然な姿勢

・パソコン操作

・重い鍋を振る調理

重症化すると、痛みが強くなり回復も遅延するので、早期に治療を受けましょう。

一時的な対処法

痛みの対処に次のことをする場合があります。

  • ・湿布
  • ・安静
  • ・サポーター
  • ・患部を冷やす
  • ・スポーツの練習を一時的に休む

これらは、一時的な痛みの緩和にはなりますが、根本的な改善には至りません。

当院の治療法

当院では、テニス肘に超音波と電気コンビネーション治療をしています。

【超音波・電気コンビネーション治療】

・肘周辺の炎症と痛みを抑える治療

・手首から肘にかけて、超音波と電気の治療を同時に行う

治療では、下記の3つの筋肉をほぐします。

  • ・短橈側手根伸筋
  • ・長橈側手根伸筋
  • ・総指伸筋

炎症部分に治療をし治すことで、痛みの緩和になります。治療期間が短く、早期に回復することが可能です。患者様の状態をみて、指圧の治療が加わることもあります。

テニス肘の予防策

肘関節の疲労の蓄積は、再び炎症を起こしやすくなります。次のことを普段から気を付け、再発予防のケアとして参考にしましょう。

・疲労の蓄積時は冷やす

・必要時以外は安静にする

・手首の使い過ぎに注意する

・手首のストレッチをして、血液を促進する

・痛みが出現してきたら、自己判断での処置をせず、専門家にみてもらう

テニス肘の治療は当院にお任せください!

テニス肘治療

当院では、テニス肘で悩んでいる多くの方の治療を積極的に行っています。

  • テニスの続行を諦めかけていた方の改善もしたことがあります。
  • 調理の仕事からテニス肘を発症した方の改善からメンテナンスも行っています。

当院では、患者様の状態に合わせた治療を提供します。一度、当院の治療を体感してい頂きたいです。みなさまのご来院、お待ちしております。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 0943-72-3677