2017/12/05 (更新日:2018/10/16)

育児と腰痛

お知らせ, 育児, 腰痛, 身体のケア

本日の「育児と腰痛」の記事は

古部が書かせて頂きます☆☆☆

詳細は下記へ↓↓↓↓↓

≪ 当院Facebookページ ≫

 ・ ブログの更新情報

 ・ 整骨院からのお知らせ☆

 ・ 日常でのちょっとお得な情報等を公開しています!!!

 ・ たくさんの「いいね!」お待ちしています\(^o^)/

 


 

こんにちは(^^)/

田主丸整骨院の古部です!

 

最近お子さん連れの患者さんが多く来院されます。

見ていると可愛いんですけど、

いつも抱っこしてる姿を見ていると

ほんと大変そうだなぁって思います(>_<)

そこで今日は「育児と腰痛」について書いて行きます!

 

育児中は、子供の目線や身長に合わせて

中腰など低い姿勢を取ることが多くなります。

それだけならまだ良いのですが

3歳くらいまでのお子さんでしたら

抱っこする機会が多くなると思います。

小さいお子さんでも、体重は10〜15キロくらいありますので

たまになら良いのですが毎日抱っこをしていると

腰に負担がかかってしまいます。 

それが長期化すると、下記の流れで腰痛を引き起こします。

 

前傾姿勢になる

長時間抱っこをする機会が増えることで

前傾姿勢の頻度が増え背骨が後ろに曲がってしまいます。

肩が前に出てくる

前傾姿勢になると同時に、肩が前に出てきます。

骨盤が後ろに傾く

前傾姿勢になり肩が前に出てくることで

骨盤が体のバランスをとろうと後ろに傾きます。

その際、上半身の重みが腰に集中して

腰に大きな負担がかかります。

腰痛発生

大きな負担がかけられた腰周辺の筋肉は硬直して

その負担を周りの筋肉でフォローしようとしますが

フォローにも限界がある為、腰痛となります。

 

腰痛を出さない為にも

早めのケアが大切です!

 

当院では身体のケアはもちろん

産後の骨盤矯正などもやってます!

気になる方は1度足を運んでみてください(”◇”)ゞ

 

IMG_4782

 

 

 


 

久留米市田主丸整骨院が

交通事故専門の書籍で紹介されました☆

当院に置いてあるので是非見て下さいませ!!

 

 

久留米市田主丸町

田主丸整骨院・整体院

TEL0943-72-3677

住所 久留米市田主丸町田主丸937-5

JR田主丸駅より東へ80m

「むち打ち症」「交通事故による怪我」

「骨盤矯正」「猫背矯正」は当院にお任せ下さい。 

 

関連記事

新着記事

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 育児と腰痛

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 0943-72-3677