2020/02/18 (更新日:2020/02/19)

なぜ筋肉が硬くなるのか

お知らせ, 筋肉

本日の「筋肉が硬くなる原因」の記事は

髙田が書かせて頂きます☆☆☆

詳細は下記へ↓↓↓↓↓

≪ 当院Facebookページ ≫

 ・ ブログの更新情報

 ・ 整骨院からのお知らせ☆

 ・ 日常でのちょっとお得な情報等を公開しています!!!

 ・ たくさんの「いいね!」お待ちしています\(^o^)/


よくこんなことを聞いたことないでしょうか!?

『身体に痛みがでるのは筋肉がはっているからだよ。硬くなっているからだよ。』

間違いではありません。

ただ1つ疑問に思いませんか!?

なんで筋肉がはっていたら・硬くなっていたらお身体に痛みでるの?と

では、まず筋肉についてお話ししましょう!

そもそも筋肉って色々な種類がある!って知っていましたか!?

・骨格筋 ・平滑筋 ・心筋

難しい言葉が出てきましたね・・・

骨格筋というのは

簡単に言えば身体を動かす筋肉の事をいいます。

お身体に痛みを出す原因となる筋肉です。

平滑筋というのは

胃や腸・血管についている筋肉です。

心筋

心臓についている筋肉です。

びっくりですよね、、心臓にも筋肉があったんだと!!

ただ今回はお身体に痛みがでる原因

骨格筋(身体を動かす筋肉)についてお伝えしましょう!

筋肉とは通常柔軟性(柔らかさ)がないといけないものです。

基本的に人の身体は筋肉の役割(伸び縮み)によって動かされてます。

イメージするとすれば

ゴムですね!

ゴムも伸び縮みしますよね?

その機能があってこそ役割を果たしますよね?

筋肉もその動きを使って人の身体を動かしているのです。

伸び縮みができなければ身体が動きにくなるのもなんとなく想像できますね!

また、筋肉はたくさんの役割を持っています!

・血液の流れを手助け

筋肉が縮むことにより

血管が圧迫されポンプのように血液を押し上げてくれます!

・体温の調節

筋肉が動くことにより

熱エネルギーを作り体温を上げます!

・骨をサポート

筋肉って素晴らしいですね!

 

今日はここまでにします!

次回も『筋肉が硬く(はる)原因』についてお話ししますね!

最後までご覧いただきありがとうございます(^^)/

関連記事

新着記事

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > なぜ筋肉が硬くなるのか

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはコチラ 0943-72-3677